今年の盆もやっぱり働こう・・・

5月ももうすぐ終了ですね。

あと1週間後にはもう6月ですからね。6月といえば、そう梅雨。この時期は日本の四季でもボクが一番イヤな季節でもあります。あの蒸し暑くジメジメした日々。なんか気分も憂鬱になってしまいますよね。

やっぱり、暖かい気候のところの住んでいる人は陽気な人が多いし、年中寒い国とかに住んでいる人でラテン系のノリというかそんなに陽気な人なんてあんまりいないよね。

だから、気候や天気というものはすごく人間の感情とつながりがあるんだ、ということで梅雨の時期はみんながテンション下がる時期でもあるのです。

そして梅雨が明けると一気に夏ですね。夏休みの計画はもう決まったかかな?夏でみんなが休める時期というのは盆休みだと思うのですが、この時期はハワイやらグアムやらっていう旅行代金が一年で一番高くなる時期だよね。

みんなが休むから高くても売れる、そんなノリで高額な旅行代金になるのはちょっといただけないな。。。ということで、特別何もすることが無い人は盆休み仕事をしましょう!いつもは満員電車も盆の時期はすいていていいです。

 

やっぱり働くことに生きがいを・・・

仕事とプライベートは別々だっていく人って多いよね。

それはボクも大賛成。仕事は趣味ではなく、お金を稼ぐ真剣勝負の場だと考えておいたほうがいいとボクは思っている。

なので、

仕事とプライベートは別々のスイッチを持っているほうがそれぞれちゃんとした力を発揮できるとボクは思っている。

ここがすごく微妙なところなんだ。好きなことをしなさい。やりがいのある仕事をしなさいといわれても、それじゃあボクは切手収集が趣味なんです。これを仕事にしますっていうと確実に失敗することになってしまう。

そんな商売がお金になるとは思えないしね。お金を稼ぐことってのも重要なんだ。結局お金がかせげなければなんの意味もないともいえるからね。

ということで、お金を稼げる分野の中から自分が一番興味があることを選ぶことがどの仕事をするかという仕事選びのポイントになるわけだ。

ラパルレの脱毛

今、メンズエステティックサロンってすごく流行ってきているよね。
どこかの会社の調査での話なんだけど、

男性に聞いたアンケートでね、

美容に興味はありますか?ってアンケートがあったんだ。
そうすると、なんと80%もの男性が興味アリって答えたそうな。

で面白いのが、そのほとんどが独身男性。
やっぱり、そりゃー女性を意識してのことだと思うんだけど、

で、

エステに通って何をやりたいですか?って話になると一番男性の中で需要が高いのが、

ひげの脱毛なんだよね。
うーん。やっぱり日本では体毛とかってのはあまり女性にはウケがよくないのかなって思ってしまいます。外国ではありえないでしょ。

日本におけるメンズエステティクサロンは主に3つある。

TBC,ダンディハウス、そしてラパルレだ。ラパルレの脱毛は光(フラッシュ)脱毛といってね。

光を照射する方法なんだけど、これってすごく短時間で処理ができて、全然痛みがないってすごく評判。

主な客ってのはだいたいサラリーマンになると思うんだけど、あれだったら会社帰りでも十分できてしまうよね。

オススメのエステだと思うよ。

”オネエ”が市民権を持ち始めたよ!

このところ、テレビなんかを見ていると、しきりに目にするのが

”オネエ”キャラ。

昔、昭和の頃にこんなのは絶対に受け入れられなかったと思う。
ところが、今はそんなの普通にいるじゃん!的は風潮になってきているよね。

本当に世の中変わったものだなってつくづく思います。

こういう話は欧米のほうが進んでいるだよね。

いつか聞いたのを憶えているんだけど、
どこかのヨーロッパの国では、同姓同士の結婚が認められているとか、

そんな国って確かあったよね。

日本もいずれああいった意見というものが入ってくる。
そもそも、”オネエ”自体が市民権を持つようになってきたわけだしね。

どういった宗教とか文化とかでも最初ってなかなか人には

受けいることが難しいんだよ。

いい例が例えば最近中学校で義務化されたダンス教育。

ボクは中学校を卒業してもう20年くらい経過するけどさ。

あんなの、どうなの?ってやっぱり思ってしまうからね。

最初、初めて出てきたものって絶対にたたかれるようになっているんだよ。

結婚前にほくろだけはとっておきたい。

これまで、いろんなことをブログで書かせてもらってきたけど、
私が結婚する前にやっておかなければならないことが一つあるんだ。

それが、ほくろの手術。

あまり大きな声ではいいたくはなかったんだけど、

昔からすごいコンプレックスを抱えていたんだよね。毎日鏡を見るたびに目につくホクロ。これで、中学時代や高校時代はかなり悩まされました。

いくら化粧をしたところで、このおおきなほくろだけは何をやってもとれなくて・・・

それでお母さんに相談したことがあったんだけど、そしたらなんていわれたかって言えば、

「そんなもの、きにしなさんな!」

って言われただけ。ちょっとショックだったな。

もっと親身になって相談に載ってくれるって思っていたのに・・・

気にするなの一言でおわってしまうなんて・・

気にするなっていわれて気にしていないのであればそもそも悩むことなんてないじゃん!

ってツッコみたたくなったんだけど。そんな思春期の時期を過ぎて今はそろそろ結婚しようかなって思っている時期。でも、悩みの種みたいなものは、あらかじめ払拭しておきたいよね。

 

結婚したいけれども…できないよね。

自分も独身ですから、早く結婚したいけれども結婚できない現実です。

このままだったら、ずっと独身かもしれません。

自分の友人でも男は独身が多いから、結婚できないものなのでしょう。

日本も少子化とか言っていますが、子供が欲しくても結婚できなかったら、少子化の解消もできません。

キミも、そう思いませんか?

自分でも、結婚できたら子供も欲しいのです。

今のままだったら、50歳になっても結婚もできないし独身でしょう。

 

みんな、内心では結婚して子供が欲しいな!

と思うけれども、現実には、俺と結婚してくれる子がいないから哀しい現実です。

 

自分が今の会社で働いても、子供もいないし妻もいないし、楽しいことは何もないように思うのです。

まあ…

現実は甘くはないことは、分かっていますけれども!

 

もう少し俺も能力があったら、かわいい子と結婚もできたのかなと思うのですが、能力ない男だったら仕方がないですよね。

こんなむなしい思いを、日本中の男もしているのではないでしょうか?

 

 

これからの、自分の未来はどうなるのかな?

これからの日本は、どんな感じになっていくのでしょう。

自分でもよく分からないから、心配が大きくなってしまうものです。

キミは、自分の人生には何か心配がないですか?

僕は、さまざまなことが心配になってきます。

 

でも、細かなことを気にかけていたら、生きていかれないないように思うので、細かなことは気にかけないようにしようかな。

細かなことを気にしていたら、正直に言ってきりがないからね。

 

もしかしたら、また自分が生きているうちにも、大きな地震がおこるかもしれないし、自分の会社が倒産してしまうかもしれないし…

どんどん、心配なことがあるので、嫌になってきます。

 

人生を生きていく時には、心配とか不安を感じてしまうのは仕方がないのかな?

その辺は、自分では謎です。

 

心配ばかりでは楽しく生活できないから、明るい未来を考えながら、楽しく生きていかれたらいいですね。

未来のことは分からないから、その分楽しいとも言うことができるのかもしれませんから!

いい方向に、考えていきます。